ご使用上の注意

  [薬品の使用について]
  センサには、ポリカーボネイトなどの合成樹脂を使用していますので、アンモニア、アミン類、アルカリ水溶液、芳香族炭化水素、ケトン類、エステル類、ハロゲン化炭化水素類などの薬品の、特に強いガス雰囲気中での使用はお避けください。
  [ノイズ対策について]
  センサからのデータ取込みの際は、外部ノイズの飛込みなどの影響により、まれに出力が乱れる場合があります。この現象を最小限に抑えるため、ソフト上で以下の様なご配慮をください。
  例)
  データ取込みは、必ず複数回行い平均値を取る。
取込みミスと思われるデータは、無効にする判断をさせる。
疑義が生じた場合は、再取込みをする。
上記内容を組合わせるなど。
  [はんだ付けについて]
  はんだ付けの際、図のように、プリント基板の上面にはんだが流れ出てくるような配線およびはんだ付けは、お避けください。端子部の接触不良の原因となる場合があります。回路引回し上避けられない場合は、事前にご相談ください。
 
  アナログ出力接触式センサ
  [接続インピーダンスについて]
  当センサは出力端子をマイコンのA/Dポートに直接接続して使うことを前提に製作しているため、センサ内部の接触抵抗(下図R1)を高めに設定しております。
したがって、下図のように出力を抵抗にて受ける回路においては、センサの接触抵抗(R1)の影響をなくすために接続インピーダンス(R2)は1MΩ以上で設定しご使用ください。
 
  [結露について]
  センサの抵抗体面などが、結露したり、水滴が付着するような条件でのご使用はお避けください。絶縁劣化やショートの原因となります。
 
 
 
 
 
 

測定・試験方法

  アナログ出力接触式センサ
  [全抵抗値]
  全抵抗値は、軸(レバー)を端子1または3の終端に置き、特に規定がない限り、抵抗器の端子1と3との間の抵抗値を測定する。
  [定格電圧]
  定格電圧とは、定格電力に対応する電圧とし、次の式によって求める。ただし、求められた定格電圧が最高使用電圧を超えるときは、その最高使用電圧をもって定格電圧とする。