構造 Reflow
操作部形状 平軸
操作部長さ 20mm
クリック数 30
パルス数 15
プッシュオンスイッチ なし
動作寿命 100,000 cycles
使用温度範囲 -40℃ ~ +85℃
電気的性能 定格 10mA 5V DC
出力信号 A、Bの2相出力
最大/最小使用電流(抵抗負荷) 10mA/1mA
絶縁抵抗 100MΩ min. 250V DC
耐電圧 300V AC for 1 minute or 360V AC for 1s
機械的性能 クリックトルク 12±5mN・m (初期)10±4mN・m (リフロー後)
軸押し引き強度 100N
最小発注単位(pcs.) 国内 600
輸出 600
 

外形図

インクリメンタルエンコーダ

ランド寸法図

インクリメンタルエンコーダ
 
挿入側より見る

出力波形

インクリメンタルエンコーダ

しゅう動雑音

インクリメンタルエンコーダ
 
R=5kΩにて チャタリング: 3ms max. バウンス: 2ms max.

梱包仕様

トレイ
梱包数(pcs.) 1箱/国内 300
1箱/輸梱 600
輸出梱包箱寸法(mm) 369×283×263

はんだ付条件

リフロー方式の参考例
1.加熱方式
温風加熱方式とする。
2.温度測定方式
φ0.1~φ0.2のCA(K)またはCC(T)を用い測定。位置ははんだ接合部(銅箔面)で測定。固定方式は耐熱テープを使用する。
3.温度プロファイル
ABCDEFGHリフロー
回数
260℃ min.230℃180℃150℃2min.max.3s40s4min.max2 time max.

(1)当製品は、赤外線のみのリフロー炉では、はんだが付かない場合がありますので温風リフロー炉または、赤外線+温風リフロー炉で、ご使用ください。
(2)上図プロファイルは温風リフロー方式を用いた場合のエンコーダの端子部の最高温度です。基板の材質、大きさ、厚さなどにより基板温度とエンコーダ表面温度が大きく異なる場合がありますので、エンコーダ表面温度が、250℃以上にならないようにご注意ください。
(3)リフロー槽の種類により、多少条件が異なりますので、事前に十分ご確認の上ご使用ください。

手はんだ方式の参考例
こて先温度350℃ ±10℃
はんだ時間3(+1, 0)s
はんだ付回数2 time


製品バラエティ


当シリーズ共通の注記

  1. 当サイトの製品情報は概略仕様です。ご使用にあたっては正式納入仕様書の取交わしをお願いします。
  2. ご注文は最小発注単位のN(整数)倍でいただけますようご協力をお願いいたします。
  3. 製品一覧以外にも保有している製品がございますので、ご希望の際はお問合わせください。
  4. 当シリーズは、車載用としてもご使用になれます。
    使用温度範囲を通常より広くしておりますが、ご使用にあたっては、正式納入仕様書の取交わしをお願いいたします。