トピックス

ナビ技術を活用し、交通事業の運用効率を高める

レンタカー事業者向けソリューション

移動にまつわる悩み事をコネクテッドサービスで解決。
培ってきたナビ技術を活用し、交通事業の運用効率を高める。

アルプスアルパインでは、レンタカー等の交通事業者や中古流通・物流MaaS事業者向けに、高度なUIを備えたナビアプリおよび車両位置の管理システムを開発。関係会社のアルパインマーケティング株式会社と連携し、ソリューションの提供を開始しました。

ナビゲーションメーカーが企画開発した、
本格的ナビゲーションアプリ“アルパイン スマートX”

顧客満足度8年連続No.1のビッグXシリーズで培ったノウハウを受け継ぎ、カーナビメーカーならでは位置情報精度、ルート品位、操作性を実現します。運転時に、右折/左折予定の交差点に向かうまで、 信号の数を音声で案内する「カウントダウンガイダンス」機能を業界で初めて搭載。従来のような、「あと〇m」といった距離の案内ではなく、「2つ目の信号を左です」と案内するので、まるで助手席から案内されて いるかのような分かりやすさでドライバーをサポート。また通信ナビならではの強みを活かし、2か月に1度の頻度で地図データを自動で更新。開通したての道路案内や最新のスポット検索も可能となります。

※ 2020年10月当社調べ

また、アルパインマーケティングから既に提供されている各種スマートフォンアプリと位置情報を連携させることができるほか、お客様ごとの最適な通信仕様や専用デバイス開発、連携するWebページ制作など、交通事業者・中古車流通・物流MaaS事業者の移動にまつわるさまざまなサービスをワンパッケージ化したソリューション提供が可能。ナビゲーションデータのサーバーにはAPI※2を実装しており、他社サービスとの連携を意識した拡張性も備え、お客様のサービス構築負荷を低減します。

※2 Application Programming Interfaceの略。自己のソフトウェアを一部公開して、他のソフトウェアと機能を共有できるようにしたもの。

レンタカーの返却遅れ防止や、お客様の返却受け入れ準備に役立つ
位置情報監視システム

さらに、レンタカー事業者様へ向けた「位置情報監視システム」の提供を開始しました。
これは、車両位置測位アプリケーションとそれを搭載したスマートデバイス(タブレット/スマートフォン)、及び位置管理コンソールをパッケージ化することで、車両の一元管理を低い導入コストで実現する新たなソリューションです。

スマートデバイス装着車両の位置情報を管理コンソールから簡単に確認できます。管理コンソールに車両返却時間を入力しておくことで、車両位置と返却店舗の距離を考慮した返却アラートをスマートデバイスに通知可能となります。返却時間が迫ると管理コンソール側にもポップアップアラートが表示され、利用者/店舗の双方で返却遅れのリスク回避ができます。

管理用のシステムやアプリ、デバイスを一括提供 レンタカー事業者向けソリューション

上述の車両位置測位機能だけでなく、アルプスアルパインでは利用者に貸し出すスマートデバイスとアプリケーション、位置管理コンソールを一括提供可能。お客様の導入コストを低減し、購入後すぐに利用を始められるソリューションです。ナビゲーションアプリ「アルパイン スマートX」も、これらのパッケージに標準搭載しています。

今後は、車両位置情報とそれに連動した日時情報などを活用して、車両運行のレポーティングや重要トピックスの抽出サービスなど、データ分析をベースとした新サービス提案を進めるとともに、車両に搭載した各種センサ情報を活用したメンテナンスの自動化なども検討してまいります。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせはこちら