技術情報

ブランドイメージを支える押し心地

タクトスイッチ®機構設計技術

「押し心地」を自在に作り出す、
タクトスイッチ®に込められた機構設計技術。

機器の操作部には、「押す」「回す」といった物理動作を伴うものが多く、その感触は構成部品の機構設計技術が担っています。アルプスアルパインが絶え間なく高め続けてきた、この機構設計技術の結晶といえる製品のひとつが「タクトスイッチ®」です。最小2.6×1.6mmという小さなスイッチには、押し心地を自在に創出するための技術とノウハウが込められています。

タクトスイッチ®とは

操作時に明瞭なタクティルフィードバック(クリック感)をもたらし、民生機器や自動車関連/産業用電気機器などのマン-マシン・インターフェースとして、幅広い用途に使用されている押しボタンスイッチです。

年間生産約70億個、世界No.1シェア

1976年に生産を開始したタクトスイッチ®は、操作性・利便性の高さが認められ、家電やAV機器から自動車、スマートフォンなどに広がっていきました。2019年までの累計生産は1,400億個以上、年間生産約70億個、1秒間に約220個作られている計算で、この種のスイッチでは世界の数あるメーカーの中でシェアNo.1を誇り、2,000社を超えるお客様へ製品を供給しています。
基本部品がわずか3~7点という構成にも関わらず、さまざまな工夫を凝らして性能と品質を高めるとともに、幅広い製品バラエティを展開。小型・薄型設計はもとより、近年はスマートフォンやウェアラブル機器などで求められる防水・防塵機能規格(IP67/IP68※)に対応した製品も開発しています。

※防水・防塵対策については、「製品基礎知識」のページで詳しく解説しています。

内部構造とフィーリング

メタルドームを採用した製品はシャープな押し心地、ラバードームを採用した製品はソフトな押し心地になり、搭載箇所や用途に応じて求められる作動力(押した時の重さ)やストロークが決まっていきます。メタルコンタクトが可動接点として上下し、固定接点と接触すると通電するという非常にシンプルな構造でありながら、構成部品の素材や形状の組み合わせによってさまざまな感触を作り出します。オン/オフなどの信号伝達を行う機能的な価値に加えて、アルプスアルパインではこうした感触創出が機器本体の付加価値を左右すると考え、技術の深耕に取り組んでいます。

感触要求に応えるために

アルプスアルパインのタクトスイッチ®は実に1,000種を超えるバラエティがあり、お客様のニーズに応じたスペックや仕様からお選びいただけます。また、既存品にはない新たな押し心地をお求めの場合は、特性(感触や音)/寿命(耐久性)/サイズのご要望を伺ったうえで新規設計を行うことも可能です。
最も重要な要素である特性は、「F-Sカーブ」で表すことができます。縦軸が荷重、横軸が移動量で、スイッチのフィーリングを決める作動力・復帰力・クリック率などを確認できます。そして、求められる押し心地の実現に向けて、素材加工技術、金型の精密加工技術、シミュレーション技術、感触測定器などを用いた厳格なテストによって応えていきます。圧倒的な製品バラエティと、フィーリングを形にする設計開発力で、お客様に最適な製品をご提供します。

ノウハウをデータベース化する

フィーリングを可視化するF-Sカーブは、直接やりとりをするお客様だけでなく、スイッチ開発全体に大きなメリットをもたらしました。アルプスアルパインでは20年ほど前から、F-Sカーブに基づく設計開発ノウハウのデータベース化を推進。それまでは熟練の設計者が経験則をもとに試作品を作るカット&トライ方式が採用されてきましたが、定量的かつ論理的に設計を進めることが可能になり、感触創出の精度と品質が飛躍的に向上しました。設計者の頭の中にあった知識やノウハウをデータベースに蓄積することで、高度な解析を実施したうえで、試作品の製作前にパソコン上でのシミュレーションを行えます。試作品の完成度を高めるとともに、作業にかかる時間とコストを削減し、お客様によりスムーズにきめ細かく応えることができます。

ブランドイメージに関わる押し心地

近年、HMIデバイスのフィーリング開発への要求がさらに高まっており、感触や音などの特性はブランドを差別化する手段のひとつとして改めて注目されています。人間は指先で微細な感触の違いを感じ分けることが可能で、スイッチを押した時に「心地いい」「滑らか」「小気味好い」「高級感がある」「安心感がある」といった感覚を得ています。
アルプスアルパインでは感触創出のノウハウを蓄積するとともに、大学と連携して工学的な研究アプローチや、実証実験にも取り組んでいます。人が触れて操作するタクトスイッチ®は、まさに感性に訴えるデバイスで、その押し心地は時として製品や企業のイメージを左右します。これからもお客様が求めるフィーリングを創出し、ブランドイメージを支える製品開発を進めます。

感触創出の取り組みに加えて、耐久性や信頼性なども妥協なく高め、圧倒的な製品ラインアップを展開するタクトスイッチ®。さらに、組立工程を熟考した自社開発の全量自動機生産により、安定品質・安定供給を実現します。設計開発から生産体制まで追究し、お客様のニーズにお応えします。