技術情報

アルプスアルパインの強みの根幹

自動化・生産工程設計技術

バラつきのない
安定生産を実現する、
自動化・生産工程設計技術。

製造業=ものづくりの会社を、根底から支える生産技術。それは、設計した製品を実際に作り上げていく仕組みを構築する技術であり、高品質かつ安定供給を実現するために欠かせないものです。アルプスアルパインは長年にわたり、部品製造の自動化/検査・計測/工程設計/金型/精密加工などの生産技術を磨き上げてきました。そして、体系化した技術として、国内外の各生産工場にそのノウハウやシステムを貫いています。私たちが力を注ぐ生産技術の取り組みをご紹介します。

「品質/コスト/デリバリー
+独自のノウハウ」を追究

アルプスアルパインは生産技術全体で、品質/コスト/デリバリー(QCD)と独自のノウハウを追究しています。電子部品製造業においては、昨今台頭しているEMS(Electronics Manufacturing Service)をはじめ、国内外に多くのメーカーが存在します。それらのライバルと当社の違いのひとつが、製造設備や金型から自社設計を行っているという点です。これにより、お客様の要求に柔軟に対応し、QCDのトータルなレベルの底上げを図っています。

品質を確保するための具体的な取り組みとして挙げられるのが、生産工程の自動化です。アルプスアルパインでは、スイッチやボリュームなど機構部品の量産設備を内製化するとともに、自動機やロボットの導入、高感度なパラメータによる異常の監視により、バラツキをなくして品質の優位性を高めています。そこには「設備設計」「制御プログラム」「画像処理」等の内製技術をはじめ、「汎用化」を切り口に培ってきた高い技術力を余すことなく注いでいます。
そして、設備効率を向上すること、各部門が一体となって最適工法を検討することで、品質とコストバランスを両立します。ロボットの活用では、内製する「競争領域」と市販ロボットを効果的に使う「協調領域」を組み合わせ、グローバルに展開。キーとなる工程は独自のノウハウを反映して競争力を高めながら、設備開発や生産準備のリードタイムの短縮を両立させています。

独自のノウハウを積み重ねてきた
自動化技術

製品の品質を高め、生産効率を向上する自動化技術に、豊富な実績とノウハウを持つアルプスアルパイン。自動機を自社で開発することに早くから着手し、その時々の最新技術やトレンドをいち早く取り入れながらアップデートを重ねてきました。自前でものを作るという姿勢は、創業以来長きにわたって貫かれてきたもので、私たちの強みとなっています。
現在、自動化技術で力を注いでいるのが、汎用自動化設備の開発・量産展開です。設備を汎用化・標準化することで、少しでも早く生産準備を整えて設備コストを低減。使い回しが可能な固定部を拡大すれば、効率性と生産性の向上につながります。昨今、生産工程への活用領域の拡大が進んでいる多関節ロボットや高速作業を行うロボットの運用も含め、ロボティクスをトータルに追究しています。
さらに、品質向上に欠かせない検査・計測の制御技術も開発。画像処理や製品の外観を自動検査するシステム、データ解析、トレーサビリティシステムに加えて、AI(ディープラーニング)やIoTを活用する技術など、スマートファクトリー化も推進しています。

ユニット・コンセプトの真髄、
汎用自動機

自動化技術のなかで、アルプスアルパイン最大の強みといえるもの。それがユニットを組み合わせることで、さまざまな品種に対応する製造ラインを素早く立ち上げるというコンセプトです。自動化ラインはメイン/搬送/供給/ツール/要素などで構成されていますが、製品ごとの専用開発部と標準部を設けながら、最適なユニットを選択して組み合わせ、さまざまな種類の製品に対応した生産ラインを構築することが可能です。ユニット・コンセプトの真髄と言うべきこの仕組みは、多くの生産工程を見てきたお客様からも、極めて先進的な考え方だと高い評価をいただいています。
ユニット・コンセプトのベースになる汎用自動機は、新たな製品の生産を立ち上げる際に専用部として新規開発する領域を極小化するので、リードタイムを短縮してトータルコストも抑えることができるのです。同じ設備を使い続けることで生産品質も向上し、QCDすべての面で優れた効果を生み出します。さらに、ひとつの製品群の生産が終了しても、専用部のみを取り外し、残りの大幅な標準部は継続して使用することも可能になります。これにより、海外の工場へ導入する際はスムーズな作業指導が行え、現地スタッフの習熟度やメインテナンスのスキルも向上しやすくなるなど、直接的・間接的に多くのメリットをもたらします。

製品の設計段階からともに取り組む
工程設計技術

ものづくりにおいて、具体的なプロセスを考える工程設計。生産ラインの企画と設計を行い、その考え方次第で製品の仕上がりやコスト、生産効率が左右される重要なプロセスです。製品の生産規模によって、ラインの工程設計は大きく異なってきます。大量生産品では自動化と効率化を徹底して追究し、逆に少量生産品では人員配置や製造フローを最適化する設計が求められます。さらに、製品構造の複雑さ、要求されるトレーサビリティの範囲などに応じて最適な工程を構築します。
アルプスアルパインの工程設計を特徴づけるキーワードとして、「フロントローディング」が挙げられます。工程部門の技術者は、部品の仕様が決まる前段階から製品開発に参加。工程技術の知見を入れることで、製品構造を変えて生産の迅速化・安定化を図る、といった取り組みを進めています。これにより、社内の各部門が早い段階から密に連携し、品質と生産性を高めてお客様に応えています。
さらに、アルプスアルパインならではの高度な汎用標準化を、自動化技術のチームとともに推進。良質な新製品を投入して持続的に利益を確保するための原価設計、機能を保証する検査仕様の最適化などにも取り組んでいます。我々の強みを引き出す工程設計で、競合メーカーへの優位性を生み出します。

独自のプログラムで人材育成にも尽力

アルプスアルパインは技術や設備の追究だけでなく、生産活動を支える人材育成にも力を注いでいます。既存の工程設計や作業設計の理論だけでなく、独自のノウハウや当社の理念を注入し、具体的な実例も豊富に取り上げたオリジナルの教科書を作成。金型やTIE(Total Industrial Engineering)を学ぶ「ものづくり研修所」に加えて、工程設計・自動化・メカトロニクスの技術者を育成するプログラムを立ち上げるなど、綿密に体系化された教育制度を導入しています。
その内容は、新人・若手、キャリア5年前後の中堅、キャリア10年前後の生産技術プロ育成の領域に分類され、新人・若手はベース知識など基礎をしっかりと学び、中堅はOJTで実際の業務を通してスキルを深耕します。プロを育てるプログラムでは、原価設計まで含めた生産技術者のエキスパートになるための高度な教育を行っています。

生産技術が生み出す
アルプスアルパインの強み

絶え間なく磨き上げてきた自動化技術と工程技術、独自のプログラムによる人材育成の取り組みは、アルプスアルパインのものづくりに対する姿勢を体現するもの。それがEMSなど競合他社にはない強みを生み出し、市場に価値を広げていく原動力となっています。
多くのメリットをもたらす汎用標準化や独創的なユニット・コンセプト、各部門が一体となって進めるフロントローディングをはじめ、アルプスアルパインならではの生産技術の取り組みを今後もさらに深耕します。そして、国内外すべての生産工場に強いものづくりを貫き、世界中のお客様にお応えしていきます。